#4 白熱する選手たち

校対抗戦:飯能校vs多摩校 Sub-10

最初の交流戦では、多摩校が圧倒的な強さを見せつけていました。そして、校対抗戦が始まりました。序盤、多摩が畳み掛けるかのようにシュートを放ちますが、決めきれずにいると飯能校が隙を狙って反撃開始。相手のクリアーミスを見逃さず浦に抜けた選手へパス、冷静に押し込んで先制点を獲得。しかし、喜んでいるのもつかの間、多摩校が素晴らしい連携で同点ゴール。そして後半へ、立ち上がり、裏へ抜け出した多摩校がセンタリング、ゴール前は1対3と数的不利、しかし、ここで球際の強さを見せた多摩校が勝ち越しに成功。このまま終了かと思われましたが、土壇場でスローインからキーパー前に落ちたボールを冷静にループシュート、同点でそのまま試合終了。決着はPK戦へ先攻飯能校で始り、5人目までミスなしの中、迎えた緊張の6人目、先攻が外し、後攻緊張が高まるのなか冷静に決め多摩校の勝利となりました。

結果:2-2(PK 5-6)多摩校勝利

この日の飯能校 PRIMERA U10、のMVP、GOLEADOR は以下の通り:



飯能校 PRIMERA U10

MVP:KOJIMA YURA(TAMA)

GOLEADOR:UEDA YAMATO(TAMA)

校対抗戦:飯能校vs多摩校 Sub-12

前節首位の品川に勝利し、勢いに乗る飯能校でしたが、初戦の交流戦で力が発揮できずにいました。力が空回りしている様にも見えました。ここで諦めないのが飯能校、しっかり、立て直して校対抗戦へと臨みました。しかし、立ち上がり、前節から調子を上げてきている多摩校は、開始1分でゴール。さらに、追加点かと思いきやディフェンスが修正され、より厳しいプレッシングでボールを奪い、そのままゴールへ。振出しへと戻りました。両者アグレッシブなプレーで相手を翻弄、ファールぎりぎりのプレーが目立ちました。均衡が破れたのは、前半終了間際、集中を欠いた相手の裏を取り、勝ち越しゴール。後半開始と同時に立て続けに2得点追加し、勝利を手繰り寄せた多摩校は最後まで集中力を切らさず戦いました。飯能校も健闘しましたが、前半の1点が大きかったようでした。

結果:1-4 多摩校勝利


この日の多摩校 PRIMERA U12のMVP、GOLEADOR は以下の通り:



多摩校 PRIMERA U12

MVP:INOGUCHI EITA(TAMA)

GOLEADOR:HIROMOTO RYOUMA(TAMA)

397回の閲覧

© 2020 BOCA JAPAN - LA ESCUELA